ウォーターサーバー比較のポイント

とにかく安いもの

ウォーターサーバーを導入するならとにかく安いものと考えているなら、価格の違いを良く比較してみて下さい。水の料金だけに目が行きがちですが、実はそれ以外にも費用がかかるケースが多いです。年間のメンテナンス代、サーバーのレンタル費用などです。送料はかから無い所が多いようですが、業者も発送コストを考え月に利用する最低本数を決めていることもあり注意してみて下さい。

 

水だけが安いものでは、1本当たり1000円程度のものから売られています。水道水をフィルターで越して有害物質を除去したものは比較的安く、天然水を利用したものは高めに設定されています。とにかく水の価格を安くと考えるなら、水道水を使ったタイプにしてみて下さい。また、1本の価格が安くても、ボトルの量が小さい事もあり注意しましょう。1ヶ月に利用しなければならない本数を考え、最低どのくらいの費用で飲めるか考えてみると良いと思います。

 

その他水以外にも、サーバーレンタル費用がかかってきます。無料の所は水が高めに設定されていて、レンタル費用がかかるところは水が安めと言う傾向があります。サーバー代がかかってもトータルで見ると安いこともあります。水の価格やサーバー代など総合した価格で必ず比較してみて下さい。